33. フランス パリ/オルセー美術館のアール・ヌーヴォーの家具とその他の作品

2007年9月28日、夜行列車でパリに着いてから、オルセー美術館に向かいました。
夜行列車で8時間ほどはかかったと思いましたが、夜は心地よく眠れました。

パリの駅

駅からは地下鉄で移動したのですが、ルーブル美術館エリアの中央にあるピラミッドを地下から見て、地上に出ました。

ルーブル美術館のすぐ近くにあるオルセー美術館。
旧オルセー駅舎を利用した美術館です。

1つ1つが丁寧で美しい、豪勢な創りと、円や曲線の美しい建築デザインに感動!
下2枚の写真は、確か3階からだったと思いますが、美術館全体の写真です。

そこからは、外に飾ってある大きな時計の裏も見れました。

美術館内にある豪華で大きな時計。
すごく迫力あって綺麗です。

美術館内の曲線美は本当に綺麗でした。
美術に関心がなくても、十分に楽しめるかもしれないです♪

館内の大きくて美しい彫刻。
オルセー美術館は、一時期撮影禁止の時期もあったようでしたが、私が美術館に行った時は大丈夫でした。

絵画も素敵でした、1枚パシャリ!(←1枚だけ!?笑)

有名な美術館ですし、もっとちゃんと見るべき作品はあったと思います、一通り見ましたが、ヨーロッパ初旅行だった私は、アール・ヌーヴォーの家具や工芸品のユニークな曲線美に見入ってしましました。

その他、すごく豪華なお部屋もありました。
天井の創りがすごい、、

美術館の外には、6つの銅像がありました。

この日は、街中にあるユースホステル、Auberge de jeunesseのJules Ferryのドミトリーに泊まりました。

ユースホステルの宿泊はこちらのサイトからできます。
https://www.hihostels.com/

道中に、サン=ジェルヴェ=サン=プロテ教会を見て、宿に帰りました。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です